[目次]
WebNote Clip 4 Template Maker


■BackClipの概要
WebNote Clipのテンプレートのデザインするときは、ラフスケッチまたはモックアップのような目的でダミーページを作ることが多いはずです。BackClipはこのダミーページから、自動的にテンプレートを作成するツールです。

■BackClip開発の背景

WebNote Clip Wizardを使えば手軽にテンプレートを作ることができますが、デザインの選択肢は限られます。ページを自由にデザインするにはテンプレートや、設定ファイルをエディタで書く必要があります。この手順は次のようになります。
  1. ページのデザインのためにダミーページを作成する。
  2. ダミーページの中で書き込みによって変わる部分をマクロに置き換えてテンプレートを作る。
  3. メッセージの繰り返しの部分にloopマクロを挿入する。
  4. メッセージを書き込むための記入フォームのテンプレートを作る。
  5. 設定ファイルを作る。
  6. テンプレートと設定ファイルをサーバーにアップロードする。
  7. メッセージを記入してデザインを確認する。
テンプレートはマクロを使うので、本来の表示ページとは多少見た目が異なります。実際のデザインを確認するためには、テンプレートをサーバーにアップロードして、メッセージを書き込まなくてはいけません。改善点が見つかれば、再度テンプレートを書き変え、サーバーにアップロードし、メッセージを書き込む作業を繰り返すことになります。

業務で多くの書き込みページを作るときは、このデザイン確認の作業が全体の作業効率を低下させてしまいます。

次に進む→