[目次]
WebNote Clip 4 Template Maker


■ダミーページを作る
ダミーページは普通のHTMLファイルなので、テキストエディタを使っても、HTMLエディタを使ってもかまいません。今回は無料で手に入るNetscap Communicatorを使います。画面の例はMacintosh版Netscape Communicator 4.7です。Windows版では一部のメニューの名称が多少異なることがありますが、ほぼ同一の操作です。




記入用のダミーページ(input.html)を作れば自由にデザインできますが、作らなくてもBackClipで自動的に生成することができます。この説明では記入用のダミーページは自動生成することにします。

次に進む→