[戻る]
メモ帳
記入 管理
編集 削除
2006-06-30
新しいサンプル「メモ帳」を作りました。
FCKeditorと組み合わせて、のあるメッセージを記入できるようにしました。
FCKeditorを使っているため記入にはInternet Explorer 5.5以上か、MozillaやFirefoxなどGeckoを使ったブラウザが必要です。SafariやNetscape Communicator 4などではテキストでの入力しかできません。

ニュースリリースのように特定の人しか入力しないページや、イントラ用のページのように利用者のブラウザが限定されている条件ならとても便利だと思います。

※ご注意※
メモ帳は普通は新しいメモが上に表示されるべきだと思いますが、このサンプルでは記入された内容が読みやすいように新しいメモは下に表示されるように設定されています。上のメモから順番にお読みください。
編集 削除
2006-06-30 (その2)
このページではメッセージを記入することはできませんが、右上の「記入」のリンクや、メッセージの枠の右上にある「編集」をクリックして記入フォームの操作をお試しいただくことができます。とても機能が豊富でいろいろな表現ができますので、ぜひ実際にお試しください。

ちなみに、メモの最初の行にある日付は自動入力ではなく、手動で入れています。メモの場合はその方が自由度が高くて都合が良いと思います。日付の色を変えるのも自由ですし、このメモのように日付の後ろに(その2)と書くことも自由です。

次のような表組もブラウザの画面で作成することができます。
有限会社フレンドリーラボ http:// www.friendlylab.co.jp/
株式会社デジタルメディア研究所 http:// www.demeken.co.jp/
読み切りピリオ http:// www.yomikiri.com/
※表の中のURLにリンクが張られているのは、WebNote Clipの自動リンクが機能しているためです。記入画面で手作業でリンクを張ることも可能です。手作業でリンクを張ったときには、邪魔にならないようにWebNote Clipの自動リンク機能は余計なリンクを生成しません。
編集 削除
2006-06-30 (その3)
KFCeditorの使い方はマニュアル(英文)に詳しく書かれています。ここではこの「メモ帳」を作ったときの手順を簡単に書いておきます。

  1. KFCeditorをダウンロードして自分のサイトにインストールします。ディフォルトのインストール先(/kfceditor)にインストールしておくと後が簡単になります。

  2. 普通にWebNote Clipのテンプレートを作成します。記入フォームのテンプレート(_input.html)には<textarea>タグで複数行の記入欄を作っておきます。

  3. 記入フォームのテンプレートにKFCeditorを組み込みます。組み込み方は<head>と</head>の間に次のタグを記入するだけです。この例では<textarea>の名前(name属性)がF01としています。記入欄の高さをピクセル数(400)で指定しています。この数字を増減すれば、記入欄の高さを調整できます。
    <script type="text/javascript" src="/fckeditor/fckeditor.js"></script>
    <script type="text/javascript">
    window.onload = function()
    {
       var F01 = new FCKeditor('F01');
       F01.Height = '400';
       F01.ReplaceTextarea();
    }
    </script>

  4. 設定ファイル(〜.conf)に次の設定を追加します。
    $TAG_IN_FIELD = 'YES';
以上です。
[WebNote Clip]